私について

Andrea Monti (アンドレア モンティ) は イタリアの弁護士です。主要取り扱い分野は、インターネット、バイオインフォマティクス、ハイテク法でクライアントはバイオテク研究所、ソフトウェアハウス、電気通信事業者、自動車製造業者、インターネットサービスプロバイダ、銀行、出版社などの中小および大企業です。堅実で豊かな学問的知識で多くのクライアントの信頼を受けています。
イタリアバイオテクノロジー法会議長を務め、中部イタリアのキエティローマの大学においても講義を行い、論文は国内外の学術誌で発表されています。日本をはじめ、アメリカ、イギリス、フランス、ベルギー、チェコ、スイス、ブルガリアの国際会議で講演
イタリアの刑事弁護士専門学校と法執行訓練施設では「コンピュータ犯罪と著作権法」について講演しました。
モンティ氏が1995年からコンピュータ法について執筆している月刊誌PC Professionale はイタリアで最も古い業界紙1つです。 その他にも数多くの執筆記事やインタビューなどがLa RepubblicaIlSole24Oreなどイタリアの主要な日刊新聞雑誌に掲載されています。

主な出版物:

Spaghetti Hacher” Stefano Chiccarelliとの共著(Apogeo出版)

Segretispiecodici cifrati” Enrico Zimuel,Corrado Giustozziとの共著(Apogeo出版)

Trademark OnlineAlessia Ambrosiniとの共著(Hops Editore出版)

訳著:

The Inmates are Running the Asylum Alan Cooper(伊語タイトル”Il disagio tecnologico”)

Parkinson’s Law” Cyril N. Parkinson著 (伊語タイトル “La Legge di Parkinson”)

Privacy. A Very Short introdution“ Raymond Wacks(伊語タイトル “Privacy. Un sintetica introduzione”)

Ictlex.netは、モンティ氏がインターネット業界における法律、および政治文化についての考えなどを記しているブログで2005年、Reporter sans frontiéres(”国境なき記者団”)は、このブログにFreedom Blog Award 2005寄与。
blog.andreamonti.eu
は、英語圏の学者やビジネスマンにむけて、欧州連合のハイテク法の複雑さについて分かりやすく解説しているブログです

ブログ

実際のロボットに法律を適用するのは正しいですか?

1950年、Isaac Asimovは物語を書きました。著名は”Runaround“。 そしてこれは彼がロボットに関する3つの法律について話した初めてのものです。 多くの”法律の専門家”が、この法律について話していますが、 実際のところ彼らが何を言っているのかは良く分かりません。 ロボットの3つの法律は耳ざわりの良いきれいな言葉で出来てはいますが、法的妥当性はありません。 間違いを理解するため、それを読むだけで十分なものです。 第一条 :ロボットは人間に危害を加えてはならない。またその危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。 第二条 :ロボットは人間に与えられた命令に服従しなければならない。ただし与えられた命令が第一条に反する場合はこの限りでない。 第三条 :ロボットは前掲第一条および第二条に反するおそれのない限り、自己を守らなければならない。 ロボットは人間に危害を加えることなどできません。電子工学者とコンピュータープログラマーがそれを行い、そして法 的責任を負うのです。 この法律を実際に機能させるためには、そのような視点で見るべきです。 第一条: ロボットの電子工学者とコンピュータープログラマーは人を傷つけないように製品を構築しなければならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。 第二条: ロボットの電子工学者とコンピュータープログラマーは製品がユーザーの指示に従うように製品を構築する必要がある。ただし、与えられた指示が第一条に反する場合はこの限りでない。 第三条 : 前掲第一条および第二条に反するおそれのない限り、ロボットの電子工学者とコンピュータープログラマーは製品が自己破断しないように製品を構築しなければならない。 決してIsaac Asimovが間違っていたわけではありません。この科学者に、法的妥当性を有するものを書くという若干の意思が欠けていただけであって、 Asimovの物語に欠陥はないのです。 Asimovには、彼の宇宙の物語のために、文学的なトリックが必要だっただけなのです。 危険なのはむしろ、政治家やジャーナリスト、法律の専門家などがSF小説を使って実際の生活を規制しようとすることです。