新世紀エヴァンゲリオンのイタリア語版の翻訳はとても悪いです

新世紀エヴァンゲリオンのイタリア語版の翻訳はとても悪いです

これは、アニメーションの作者が自分の作品を尊重する権利を侵害します。

イタリアのNetflixは放送を中断して新しいバージョンを作成しました。

しかし、アニメーションへのダメージはすでに行われています。

「一般データ保護規則とイタリアデータ保護法」

NEAR Project(Jean Monnet Networks)共催

<NEAR: A New Dimension in Asia-Europe Relations: Exploring EU’s Global Actorness and Strategic Partnership in Asia (China, India, Japan and South Korea)>

116th Keio Jean Monnet Workshop for EU Studies

第116回 慶應EU研究会のお知らせ 日頃よりお世話になっております。

各位

以下の通り第116回慶應EU研究会のご案内をお送り致しますので、よろしければ是非ご参加下さい。

日時: 2019年 7月19日(金)17:00~18:00
Date: 19 July 2019 17:00-18:00

研究報告 (EU研究ワークショップ・EU法セミナー):

場所: 慶應義塾大学三田キャンパス南館地下1階2B15教室

Venue: B1st Floor, Room 2B15, South Building, Mita campus, Keio University

「一般データ保護規則とイタリアデータ保護法」

(英語)

アンドレア・モンティ弁護士(イタリア)

(イタリア・キエーティ=ぺスカラ大学非常勤講師)

“General Data Protection Regulation and the Italian Data Protection Law”

(English)

Sig. Avvocato Andrea Monti
Adjunct Professor, Università di Chieti-Pescara

庄司克宏(Katsuhiro SHOJI)
慶應義塾大学大学院法務研究科(法科大学院)教授
Professor, Law School, Keio University
ジャン・モネ・チェア(Jean Monnet Chair ad personam)
ジャン・モネEU 研究センター(慶應義塾大学)所長
Director, Jean Monnet Centre of Excellence for EU Studies at Keio University
問合せ(Queries):
fumifigo@keio.jp(事務局長:東史彦(Dr. AZUMA))
yhosoi@ner.takushoku-u.ac.jp(事務次長:細井優子(Dr. HOSOI))

de (GDPR) minimis non curat praetor

Dresden Oberlandesgerichtにより発行された決定4 U 760/19は、軽度の不法行為はデータ保護法では扱われていないと述べました。
これはGDPR分野への古いローマの格言 “de minimis non curat praetor”の応用です。
これは、「耐え難い苦痛」と「悪い評判」に基づく軽微な損害で実際に解決されている「プライバシー侵害」に対する多数の主張の強力な阻止であるため、非常に重要です。

さらに、この決定は、GDPR違反が実際に害を及ぼさないのであれば、データ保護当局がデータ管理者を処罰する可能性に挑戦するものです。

端的に言えば :イタリアのGDPRは完全な混乱を来しており

端的に言えば :イタリアのGDPR(General Data Protection Regulation :一般データ保護規則) は完全な混乱を来しており、それはまさにスパゲッティコードの輝かしい見本のようである。 Continue reading “端的に言えば :イタリアのGDPRは完全な混乱を来しており”

実際のロボットに法律を適用するのは正しいですか?

1950年、Isaac Asimovは物語を書きました。著名は”Runaround“。
そしてこれは彼がロボットに関する3つの法律について話した初めてのものです。
多くの”法律の専門家”が、この法律について話していますが、
実際のところ彼らが何を言っているのかは良く分かりません。
ロボットの3つの法律は耳ざわりの良いきれいな言葉で出来てはいますが、法的妥当性はありません。
間違いを理解するため、それを読むだけで十分なものです。

第一条 :ロボットは人間に危害を加えてはならない。またその危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。
第二条 :ロボットは人間に与えられた命令に服従しなければならない。ただし与えられた命令が第一条に反する場合はこの限りでない。
第三条 :ロボットは前掲第一条および第二条に反するおそれのない限り、自己を守らなければならない。

ロボットは人間に危害を加えることなどできません。電子工学者とコンピュータープログラマーがそれを行い、そして法 的責任を負うのです。

この法律を実際に機能させるためには、そのような視点で見るべきです。

第一条: ロボットの電子工学者とコンピュータープログラマーは人を傷つけないように製品を構築しなければならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。
第二条: ロボットの電子工学者とコンピュータープログラマーは製品がユーザーの指示に従うように製品を構築する必要がある。ただし、与えられた指示が第一条に反する場合はこの限りでない。
第三条 : 前掲第一条および第二条に反するおそれのない限り、ロボットの電子工学者とコンピュータープログラマーは製品が自己破断しないように製品を構築しなければならない。

決してIsaac Asimovが間違っていたわけではありません。この科学者に、法的妥当性を有するものを書くという若干の意思が欠けていただけであって、 Asimovの物語に欠陥はないのです。
Asimovには、彼の宇宙の物語のために、文学的なトリックが必要だっただけなのです。

危険なのはむしろ、政治家やジャーナリスト、法律の専門家などがSF小説を使って実際の生活を規制しようとすることです。

British Telecomの2006年のインターネット販売方法

これは2006年に撮影されたBritannico Telecom(BT)のインターネットボックスです。
スマートフォンがなかったので、彼らは伝統的な電話のように、通りでインターネットアクセスを売ろうとしました。 Continue reading “British Telecomの2006年のインターネット販売方法”

W3C, HTML5, DRM。インターネットを変える3つの言葉

WWW Consortium(W3C)は、ワールド ワイド ウェブの標準化を推進する組織です。
HTML5はWebページを書くための言語であるHTML(HyperText Markup Language)の最新バージョンです。
Digital Rights Management(DRM)とはデジタル著作権管理、すなわちデジタルデータ・コンテンツの著作権を保護するため、利用や複製を制御・制限するためのソフトウェア技術です。
これら3つの間のつながりは何でしょうか。そしてなぜ今これについて論じる必要があるのでしょう。 Continue reading “W3C, HTML5, DRM。インターネットを変える3つの言葉”