実際のロボットに法律を適用するのは正しいですか?

1950年、Isaac Asimovは物語を書きました。著名は”Runaround“。
そしてこれは彼がロボットに関する3つの法律について話した初めてのものです。
多くの”法律の専門家”が、この法律について話していますが、
実際のところ彼らが何を言っているのかは良く分かりません。
ロボットの3つの法律は耳ざわりの良いきれいな言葉で出来てはいますが、法的妥当性はありません。
間違いを理解するため、それを読むだけで十分なものです。

第一条 :ロボットは人間に危害を加えてはならない。またその危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。
第二条 :ロボットは人間に与えられた命令に服従しなければならない。ただし与えられた命令が第一条に反する場合はこの限りでない。
第三条 :ロボットは前掲第一条および第二条に反するおそれのない限り、自己を守らなければならない。

ロボットは人間に危害を加えることなどできません。電子工学者とコンピュータープログラマーがそれを行い、そして法 的責任を負うのです。

この法律を実際に機能させるためには、そのような視点で見るべきです。

第一条: ロボットの電子工学者とコンピュータープログラマーは人を傷つけないように製品を構築しなければならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。
第二条: ロボットの電子工学者とコンピュータープログラマーは製品がユーザーの指示に従うように製品を構築する必要がある。ただし、与えられた指示が第一条に反する場合はこの限りでない。
第三条 : 前掲第一条および第二条に反するおそれのない限り、ロボットの電子工学者とコンピュータープログラマーは製品が自己破断しないように製品を構築しなければならない。

決してIsaac Asimovが間違っていたわけではありません。この科学者に、法的妥当性を有するものを書くという若干の意思が欠けていただけであって、 Asimovの物語に欠陥はないのです。
Asimovには、彼の宇宙の物語のために、文学的なトリックが必要だっただけなのです。

危険なのはむしろ、政治家やジャーナリスト、法律の専門家などがSF小説を使って実際の生活を規制しようとすることです。

Bloombergの記事は、ロボットの安全性に関する誤解を招く。

Popular Robots are Dangerously Easy to Hack, Cybersecurity Firm Says” は、BloombergサイトのJeremy Kahn氏の記事です。
この記事では、アメリカのTeradyne Incの工業用のロボット及び日本のソフトバンクの家庭用のロボットに見られるいくつかの脆弱性を説明しています。 Continue reading “Bloombergの記事は、ロボットの安全性に関する誤解を招く。”